安全衛生を受講して重機災害・はさまれ・崩落事故を未然に防ぐ教材と動画をダウンロード

この記事では、建設現場で起こりやすい重機災害・挟まれ事故・崩落事故を未然に防ぐ方法について解説していきたいと思います。

また、安全教育をする必要性に関する内容も合わせて解説していきたいと思います。

安全衛生教育に関わる内容は、言語別にダウンロードができるようにまとめているので是非活用してみてください。

雇用する側は、新しく入ってきた新人職人さんや、技能実習生といった方々に対して現場に入る際は安全教育を行わなければなりません。

しかし、現場によってはなかなか外国人実習生の方にどう教えればいいのか分からなかったり、大手はできてみ中小企業だとそういった環境を整えることが難しいと思っているのではないでしょうか。

また、現場で一緒に作業を行う新人さんや外国人の方に分かりやすく教えたいけどどう教えれば伝わるのか悩んでいる方も多いのではないかと思います。

そこで、今回は、重機災害・挟まれ事故・崩落事故を未然に防ぐためにも安全衛生教育の必要性について解説していきたいとおもいます

このブログを見て連絡してきた、練馬の新人保険屋さんの千尋(ちひろ)さん。と言う方がいらっしゃいまして建設業の実態教えて欲しいと言われてブログを一緒にやることになりました。

ネコマル

安全衛生を教えるのは難しいんですよ

千尋さん
新人保険屋

そうなんですか?
だって作業してる人はそんな教育受けて受けてるんじゃないですか?

ネコマル

ベテランも新人も外国人でも現場ごとに環境が違うんで
安全衛生教育は常に必要になるんですよ

こちらは、外国人特定技能ビザを取得している方どう雇用するのか、またその資格を取得する方法などにとついても合わせて解説していますので、是非読んでみてください。

安全衛生の根本となる職長主体のKYTの実践・周知

冒頭で解説したように、労働災害防止するには、雇い入れ教育や新規入場者教育を実施することが必要となります。

毎日の作業が変わる建設現場では、作業内容によってより安全に対して考えて作業を行わなければいけません。

そこで、柔軟な安全対策を実践するために挙げられるのが「危険予知訓練(KYT)」です。

千尋さん
新人保険屋

知ってますよ!ヨシって言うんでしょ

ネコマル

いや、簡略しずぎでしょ。惜しいが違います

危険予知訓練とは、職場や作業の状況のなかにひそむ危険要因とそれが引き起こす現象を、職場や作業の状況を描いたイラストシートを使って行う訓練です。

具体的には、現場で実際に作業をさせたり、作業してみせたりしながら、小集団でディスカッションを行い、情報を共有することで危険のポイントや重点実施項目を指差唱和・指差呼称で確認して、行動する前に解決する訓練を行います。

危険予知訓練は、危険(キケン、Kiken)のK、予知(ヨチ、Yochi)のY、トレーニング(トレーニング、Training)のTをとって、KYTといいます。

KYTは日本独自の手法ですが、今はリスクアセスメントという言葉の方が多く耳にするかと思います。

リスクアセスメントとは、イギリスから来た安全衛生管理手法です。

リスクアセスメントを簡単に説明すると、事業場(作業場所)のリスクを拾い出し、評価、そして危険度が大きいリスクから対応するというものです。

つまり、事故が起こる前に、リスクを見つけて、対処しておくというのがポイントです。

平成16年の法改正により、安衛法第28条の2でリスクアセスメントが努力義務となりました。

千尋さん
新人保険屋

法律に書いてあるんですか?
ヨシ!って言うのが?

ネコマル

ヨシ!ではなくリスクアセスメントですよ。

そして、平成28年6月より、化学物質等の有害物質を扱う場合リスクアセスメントが義務化されます。

今はKYTに併用して一緒に活用されています。

このようにリスクアセスメントとKYTを平行して実践しながら安全衛生に努めることが安全対策を実践・周知することが必要となります。

KYT基礎:4Rは基本

引用:現場ネコ

危険予知訓練(KYT)の具体的な進め方を紹介します。

千尋さん
新人保険屋

KYTってネコマルさん確かトレーナーでしたよね。

ネコマル

そうですよ。中災防で受講してきました。

千尋さん
新人保険屋

中災防は確か・・・こちらに詳細ありましたね

危険予知活動を進めるには、まず、KYTの体験学習が基本となります。

KYTは4ラウンド(R)法でホンネの話し合いを進めます。

危険予知訓練の進め方の4ラウンドの進め方は以下の通りです。

  • 第1R(現状把握)どんな危険がひそんでいるか
  • 第2R(本質追究)これが危険のポイントだ
  • 第3R(対策樹立)あなたならどうする
  • 第4R(目標設定)私たちはこうする

次に、ラウンドごとにどういった話し合いを行うのか解説していきます。

1Rどんな危険がひそんでいるか

イラストシートの状況の中にひそむ危険を発見し、危険要因とその要因がひきおこす現象を想定して意見を出し合っていきます。

出た意見をチームのみんなで共有することを行います。

2Rこれが危険の ポイント

発見した危険のうち、これが重要だと思われる危険を把握して○ 印をつけ、さらにみんなの合意でしぼりこんだ「危険のポイント」に◎印とアンダーラインを付けていきます。

これらつけていった内容を、指差し唱和で確認していきます。

3Rあなたならどする

◎印をつけた危険のポイントを解決するにはどうしたらよいか、具体的な対策案を出し合います。

4R私達はこうする

対策の中からみんなの合意でしぼりこみ、「重点実施項目」に※印をつけ、それを実践するための「 チーム行動目標」を設定し、指差し唱和で確認していきます。

他にもあるKYT

他にもこういったKYTを実践していく方法が挙げられます。

千尋さん
新人保険屋

他にもKYTあるんですか?

ネコマル

一人でKYTする場合や短縮して行う場合もあります。
こんな感じで呼ばれてますね

  • 健康KY
  • ワンポイントKYT
  • ヒヤリハットKYT
  • 自問自答KYT

マンネリになりがちなKYTですが、手法知ることで作業人数や作業に合致した現場に沿った危険意識を考えることができます。

安全教育やKYTを怠ると?

安全教育は法律で実施するよう定められているので先述したように必ず実施しなければいけません。

しかし現在、技能実習生や特定技能者などの外国人労働者に教育するのが難しいと感じる企業も多く、また中小企業では教育を行う教育環境を作ることが難しいなどといった問題があり、実施するのが困難な課題が多くあります。

実際、平成28年の建設業の労働人口は492万人(事務や総務も含む)のうち、技術者(現場監督など)31万人技能者(職人)が326万人と国土交通省で集計されています。

そのうち令和2年中に死亡事故で258人が残念ながら亡くなっておられます。

さらに、死傷病災害といわれる労災事故で報告が出ている14,977人が現場で何かしらのケガをしています。

こうした労働災害が起きた一因として挙げられるのが、以下のような安全防止措置を怠ったことが原因とされています。

千尋さん
新人保険屋

年間200人以上死亡事故あるんですか?

ネコマル

そうですね。以前は300人以上でしたよ。

千尋さん
新人保険屋

事業主は労災事故に対して保険入るべきですね

ネコマル

いや、そうじゃなくてケガさせないことが重要です

https://www.hs-partner.co.jp/contact/

岡山・倉敷労働基準監督署は、安全防止措置を怠ったとして、鋳物製造業の㈱アキオカ(岡山県倉敷市)と同社副社長を、労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いで岡山地検倉敷支部に書類送検した。26歳のベトナム人技能実習生の男性が右腕を巻き込まれ切断する労働災害が発生している。

労働新聞社

このように、安全教育を怠ったことで起こる事故は、防げるはずの事故を発生させてしまったという問題があります。

製造業もそうですが、建設業では特に安全衛生教育が必要で、基本的な導入の段階では服装から安全の標識など導入研修を行って、現場入場の基本知識を与えることが重要だと思います。

以下のリンク先では、労働災害の発生事例などの統計がありますので詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

では、安全教育資料のダウンロードを次にまとめていきたいと思います。